カテゴリー: 登山道整備

葛城山 新年初登山と御所市散策

         

2018年1月6日(土)
新年明けて、今年の初・葛城登山です!

本日はおなじみの同行者二名も一緒に登ります。
しかし、登山口ですでにうっすらと雪!
小雪の中、出発の記念写真撮影となりました。

 

田んぼの風景も雪をかぶっています。

山の天気はどうでしょうか?

 

倒木が横たわる山道は相変わらずのこの様子です。

 

岩だらけの道にも雪が薄く積もり、踏み越えていくのは大変危険です。

同行者に無理はさせられません。
残念ながらこの日はここまでで諦め、下山することにしました。

 

下山はしましたが、気持ちを切り替えて御所市の名所巡りに行きました。

まず見つけた石碑。
葛城高丘宮跡(かつらぎたかおかのみやあと)とあります。
神武天皇の第三子「綏靖天皇(すいぜいてんのう)」の宮があった場所とだということです。

 

九品寺葛城一言主神社方面を目指します。

 

九品寺(くほんじ)に到着しました。

九品寺は奈良時代の僧の行基が開いたお寺だそうです。

 

御所市内では比較的に天候も穏やかで、心地よく散策ができました。

 

今年もまた、葛城登山で心と身体の健康維持。

そして四季折々の魅力的な場所を巡ってみたいと思います。


▲このページのトップへ