山での滑落事故【登山仲間からの写真】

登山仲間からの写真です。
 
お写真をくださった仲間は、葛城山登頂100回をゆうに超え、登山経験も豊富な方です。
そんなご本人が今年の4月、中央アルプス空木岳(2864㍍)を11人パーティーで登山しました。
そして下山していた際、雪で足を滑らせ約50㍍滑落。
滑落
県警ヘリで救助された時の様子を、パーティーの1人が撮影したのがこの写真です。
 

ご本人は頭部座礁と肋骨骨折の重傷でしたが、幸い命には別状なく、数日の入院の後、自宅療養
することになりました。現在は、怪我が回復して葛城山や金剛山といった地域の山で、登山を再開
されています。
 
 
先日、葛城山で数か月ぶりに再会した時は本当に嬉しかった。共に喜びを分かち合いました。
同時に、山や自然の怖さを思い知る出来事でもありました。 
 


「主な登山ルール・マナー一覧」←ココをクリックしてください。


▲このページのトップへ