福祉サポート

「福祉事業」
(認知症サポートなど)
「がんサポート」
(がん患者および家族のサポート)



超高齢化社会に突入した日本。
元気な「シニア」が増える傍ら、加齢に伴う病気や
生活習慣病などに苦しんでいる方々もいらっしゃいます。

当協会では、元気な「シニア」を応援する一方で、
「病気に苦しんでいる方々」へのサポート、支援を
行なっていきます

大きくは2つのサポートを展開しています。

1つは「認知症患者様およびそのご家族など介助・介護されている方」
「認知症」は高齢者だけの病気だと思われていませんか?
「認知症」は誰でも罹りうる病気なのです。
患者様本人もやりたいことができないことに苦しんでいます。
また、彼らをサポートされているご家族なども、どう対処
していいのか困っています。
※詳しくは「認知症サポーター養成講座」をご覧ください。

 
2つめは「がん患者様およびそのご家族など介助・介護されている方」です。
「がん」は、日本人の死因のトップです。
この病気も、認知症同様、誰でも罹る病気だと言っても過言ではありません。
つらい抗がん剤治療を耐えている患者様、そしてそのご家族様の苦しみに寄り添えないものか…と当協会は考えています。
※詳しくは「がん”語らい”カフェ」をご覧ください。

 
我々がご病気の方々やその周囲の方々と関わることで、ご病気の方同士、あるいはご病気の方と健康な方、健康な方同士が理解しあい、結びつきができていければ…と思っています。

我々の活動および患者様、その周囲の方々への、
皆様のご理解とご協力をどうかよろしくお願いいたします。