がん患者様の声:鈴木さんその3


がん患者様の声:鈴木さんその3

子宮体がんで、肺に転移し、闘病を続けている
鈴木さんのお話、3回目です。
鈴木さんの声・言葉から、多くのヒントや励み等を
見つけていただけると幸いです。

(敬称略:インタビュー日付-2014年8月7日)


◎気持ちがいいことをすれば免疫力もアップ
下江:「(~前回から続き~)鈴木さんはとても病気に対しても
    前向きなのですが、それはどこから来ているのでしょうか」
鈴木:「昔から、自分は一人ぼっちでいることがだめでした。
    誰か仲間がいるということが大きいと思います。
    仲間がいると心強くなれます。だから、私の経験を
    話したいとも思えます。
    先日参加したグループワークでも、“自分ががんという
    ことを受け入れられない“という方がいらっしゃいました。
    その方とお話がしたいとずっと気になっています。
    私の場合は、葛藤はありましたが、“病気になったから
    仕方ない“と気持ちを切り変えました。そのようにマイナス
    思考というんですか、そう思い悩んでいる時間の方が
    もったいないと。気分が落ち込むと免疫力も低下します。
    自分の気持ちのよいことを1つでもしないと、免疫力
    は上がりません。その方は、治療の経過もよかったので、
    もったいないと思うのです。
    命が限られているとしても、楽しい時間を増やしたい
    じゃないですか」

◎がんはメンタル面に大きく影響する病気
下江:「鈴木さんは外見上、見た感じではがん患者だとは
    分からないですよね」
    (※インタビュー時平成26年8月7日)
鈴木:「“がん”とは不思議な病気です。こう言うと語弊がある
    かもしれませんが、治療したからよくなるというものでも
    ないのです。
    むしろ、“メンタル面”が大きいですね。それは副作用の
    影響が大きく心身に出るからです。お医者さんから
    見離されてから治る人、最初から治療を受けない人、
    いろんな人がいます。
    私は治療は否定しませんでしたから、治療を受けました。
    しかし、抗がん剤はがん細胞を攻撃するだけではなく、
    健康な細胞も同時に攻撃するんです。私の場合は、
    後者のダメージが大きく出ました。1年間、苦しみながら
    がんばりましたが、これからは副作用に苦しむことはない
    と思うと、開放感があります(笑)」

◎治療を止めたら、がんの値が下がった!
下江:「でも、今でも服薬はされてるのですよね」
鈴木:「抗がん剤治療は止めましたが、その副作用はまだ消えて
    いません。身体のしびれや食欲低下などです。でも髪の毛
    なども生えだしましたし、副作用の恐怖はなくなっています。
    今飲んでいるのは、肺の痛みやひどい咳を抑えるための
    麻酔薬ですね。朝・晩の1日2回です。しかし、それに
    対する副作用(吐き気)が出るため、これを止める薬も毎朝
    服用しています。
    肺の状態が落ち着けば、この薬も止めていきたいと思って
    います。今はそれまでの“薬に助けてもらってる”状態だと
    思っています。体力をつけるため、できるだけ食べるように
    してますし、バランスを見ながら薬とは付き合っていきたい
    と思っています」
下江:「そのような状態で本当に大丈夫ですか」
鈴木:「ここに私のレントゲン写真があるのですが(それを指し示し
    ながら)、看護師でしたので一目で『汚い=がん』だと分かり
    ます。正常な部分は白いのですが、黒くなっている部分は
    がんで“空洞”になっているんです。お医者さんからは、
    これ以上小さくならない、広がる危険性もある、進行を
    抑えないと…と言われています。
    でも、不思議なことに、がんの値を示す『腫瘍マーカー』と
    いうのがあるんですが、その中の『CA19』という値が治療を
    打ち切った5月で『2万4,000』ありました。これは、健康
    な人なら『20以下』のものです(苦笑)。それが今では、
    『1万400』に下がっているのです。今まで上がる一方だった
    ので、免疫力がアップしたのか、手応えを感じています。
    今度、お医者さんにその辺を聞いてみようと思ってます」
下江:「鈴木さんの前向きな生き方が、病気にも反映しているの
    でしょうか、すごいことですし、不思議ですね」
~次回へ続く~


今後も、当協会では鈴木さんの声をどんどん掲載していきます!
●がん患者様の声:鈴木さんその1→をクリックしてください。
●がん患者様の声:鈴木さんその2→をクリックしてください。
●がん患者様の声:鈴木さんその4→をクリックしてください。
●がん患者様の声:鈴木さんその5→をクリックしてください。

鈴木さんへの応援メッセージやがんに関する質問等がありましたら、メールにて受付中!
皆様からの声をお待ちしています!
■E-Mail: ask@asl-genki.jp

●鈴木さんに聞いてみよう!→をクリックしてください。

■鈴木さん個人ブログ:「ハッスル闘病記!」
http://ameblo.jp/tokiyo0625/

▲このページのトップへ