がん患者様の声:鈴木さんその4


がん患者様の声:鈴木さんその4

子宮体がんで、肺に転移し、闘病を続けている
鈴木さんのお話、4回目です。
鈴木さんの声・言葉から、多くのヒントや励み等を
見つけていただけると幸いです。

(敬称略:インタビュー日付-2014年8月7日)


◎突然のプロポーズ
下江:「立ち入ったことをお聞きしたいのですが、よろしい
    でしょうか」
鈴木:「答えられることなら、どうぞ」
下江:「ご家族の環境についてお聞きしたいのですが…」
鈴木:「夫とは病気になる以前の7年前からうまく行ってなくて、
    3月に離婚しました。ところが、ずっといい友人であった男性
    が昨暮から真剣になって、『あなたをずっと応援する、支え
    ます』と言い出したんです。まだ、離婚が成立する前でした
    が、彼とは遠距離でもありましたし、何しろ自分がこんな
    状態なので、『頼むから健康な人と一緒になって』と
    言いました。
    それでも、メールや電話のやり取りが増えるにつれて、彼は
    深みにはまっていったようで(笑)、離婚も決定していました
    から、私も彼の申し出を受けることにしました」
下江:「それはまた(笑)!」
鈴木:「遠距離とはいえ、彼の存在は大きいですね(笑)。私が
    大阪を離れることができないので、彼が大阪に来ると言って
    います。ですが、現地で商売をやっているんで、その始末が
    ついてからになると思います。
    いつもメールや電話で、『体調はどうだ、食べれてるか』と
    言ってくれたり、マーカー(がんの値)が下がった時は一緒に
    喜んでくれました(笑)。
    いい時も悪い時も、彼は私の状態を全てわかってくれて
    います。彼は『お前の足になりたい、自分たちの経験が役に
    立つなら、どこへでも行こう』と言ってくれてます。
    がんの人たちに希望を持って生きてもらうために、それが
    できるのはうれしいことだと、私たちは思っています」

◎人の役に立てる何かがしたい
下江:「ところで改めてですが、鈴木さんの人生観は病気に
    よって、どのように変わりましたか」
鈴木:「看護師時代は、管理職として若手を育ててきましたし、
    がむしゃらに働いてましたんで、それなりに収入も多かった
    です。
    しかし、今では“収入なんかどうでもいい、自分たちが
    食べる分だけでいい“と思っています。そして、病気で
    元気のない人が元気になってくれればいい、そういう
    機会や場があれば、出かけて行きたい、お役に立てる
    何かがしたいと思っています。
    その理由の1つには、そんな機会がなければ引きこもりの
    状態になって面白くないからです。しんどくても“社会と
    つながっていたい”のです。グループワークや診察以外
    でしたら、どこへでも行って、病気の方とお話がしたい
    ですね。
    友達との付き合いも大事にしたいです。実は、先日、
    昔の同僚仲間と温泉旅行に行ってきたんですよ。みな
    看護師ですから、何かあった時も安心ですし、何よりも
    看護師時代は仕事ばかりで、旅行になんか行ったことも
    なかったんです(笑)」

◎ネイルでモチベーションアップ!
下江:「先ほどから気になってたんですが、ネイルアートをされて
    ますね(笑)」
鈴木:「はい(笑)。看護師時代は仕事柄できませんでしたから、
    それもありますが、ちょっとでもおしゃれをして、病気への
    モチベーションを上げるためにも楽しんでます」
~次回へ続く~


今後も、当協会では鈴木さんの声をどんどん掲載していきます!
●がん患者様の声:鈴木さんその1→をクリックしてください。
●がん患者様の声:鈴木さんその2→をクリックしてください。
●がん患者様の声:鈴木さんその3→をクリックしてください。
●がん患者様の声:鈴木さんその5→をクリックしてください。

鈴木さんへの応援メッセージやがんに関する質問等がありましたら、メールにて受付中!
皆様からの声をお待ちしています!
■E-Mail: ask@asl-genki.jp

●鈴木さんに聞いてみよう!→をクリックしてください。

■鈴木さん個人ブログ:「ハッスル闘病記!」
http://ameblo.jp/tokiyo0625/

▲このページのトップへ