「がんと闘う」働く世代苦悩

日本人の二人に一人は、一生で一度はがんになると言われています。
(男性で60%、女性で45%)
一昔前は「がん」は不治の病で、一度がんにかかるともう働くことが
できないと思われていました。

しかし、医療の進歩により「がん治療と仕事の両立」も可能になってきています。
がん患者さんには働く世代の方が多くいますので、無理をせずできることから
取り組んでいただきたいと思います。
そして、本人・家族・地域・職場・医者、それぞれがどうがんと向き合うべきか
考えていかなくてはなりません。

▼2014年11月29日付産経新聞より

がんと闘うs

当協会では、がんへの思いを語っていただく場所としてインターネット上で
「がん”語らい”カフェ」を運営しています。
がん患者さんやサポートをされている方々への応援の一助となれますように。
皆様もご自由にご覧ください。

▲このページのトップへ