がん患者様の声:奈良県橿原市その1

がんカフェバナー2

奈良県橿原市某所にて開催。

今回の語らいカフェで印象に残った言葉をお伝えいたします。
語らいの中で、何点かみんなで考えていきたい課題が出てきました。
そちらも順次ご紹介していきます。

ご意見・ご感想など、どんどんお寄せください。


◆こちらの方は前立腺がんの告知を受けておられます。

Q:がん告知の直後に考えられたことは?

A:直後は自分の寿命について、治療のやり方や治療費はどのくらいかかるのか?を考えた。
インターネットが使えるので昼夜関係なく調べまくった。
他人になかなか話せるようなことではないし、家族にも心配をさせたくなかったので、
ひとりで居るときのインターネットのありがたさを感じた。

Q:がん告知を受け入れられてからのお気持ちは?

A:落ち着いてからは、一回きりの人生。
積極的に楽しく悔いのない人生を過ごそうと思っている。
やるかやらないか悩むときは、やること(実行)にしている。
人の役に立ちたい、そんな思いが芽生えている。

「がん患者様の声:奈良県橿原市その2」ページへ →  をクリックしてください。


いつもどこかで<出張・出前>がん語らいカフェ!
次回もご要望に応じて開催いたします。私の体験談をただひたすら聞いてほしい!
気持ちが追いつめられる前に、誰かに話だけでも聞いてほしい!という方は、
ぜひ下江(シモエ)までお声かけて下さい。

■電話:06-6769-1120(平日09:00~17:30 ※土・日・祝は不在のため、メール下さい)
■E-Mail: ask@asl-genki.jp(年中無休受付)

▲このページのトップへ