【日々を楽しむ】大阪府太子町 歴史あふれる道をぶらり

 

2018年12月15日(土)

いつもの葛城登山ではなく、所用で訪れた大阪府太子町をのんびり散策しました。

太子町は東に二上山を望む、自然と歴史豊かな町です。

 

まずは推古天皇陵を見てみましょう。

 

太子町内には、天皇・皇族クラスの古墳がたくさん残されているそうです。

 

先ほどの推古天皇陵よりほど近い場所にあるのが二子塚古墳です。

 

次は科長神社(しながじんじゃ)を目指します。

 

この長い長い石段の上には小野妹子の墓があるそうです!

あとで登ってみましょう。

 

科長神社です。

夏のお祭りでは、神輿と地車が出されてたいへん賑わうそうですよ。

 

先ほどの石段を自慢の脚で登り、小野妹子の墓に到着です。

 

のどかな自然の風景が広がります。

 

PLの塔が小さく見えるのがわかるでしょうか?

 

やはりここでも山道歩きをします。

ところどころ倒木や荒れた箇所がありました。
葛城山同様、自然の脅威を感じます。

 

木々が少し開けたところがあり、その向こうに大阪市内の街が小さく見えます。

 

さあどんな景色が見えるでしょうか?

 

デジタルカメラのズームで覗いてみると、あべのハルカスの姿がはっきりと見えました!

 

最後は長い石段の下りです!

気を抜かず注意しながら慎重に降りましょう。

 

多くの史跡がある太子町で、古い時代に思いをはせながらのんびりと歩くことが出来ました。


▲このページのトップへ