【日々を楽しむ】千早赤阪村を散策 建水分神社から奉建塔へ 

2019年4月20日(土)

良く晴れた春の日です。
葛城山にも登りたかったのですが、この日は千早赤阪村の散策を楽しみました。

「建水分神社」、何と読むのでしょう?
正解は「たけみくまりじんじゃ」です。
通称は「水分(すいぶん)神社」と呼ばれているそうです。

 

天気が良く見晴らしも最高でした。

ぽつんとPLの塔が見えますね。

 

木々の間に見えるのが「奉建塔」でしょうか?

そちらにも行ってみたいと思います。

 

近づいて見上げてみると、ずいぶんと立派な塔です。

楠木正成公のために、昭和15年に建てられたことがわかりました。

 

まだ満開の桜を見付けました。

青空を背景に淡いピンク色がとても映えて見えます。

 

ツツジも見ごろを迎えていました。

葛城山のツツジ園の見ごろはまだ先になりそうでしょうか?

 

この辺りは「金剛山赤坂古道」と言うそうですね。

山歩きから歴史を感じる散策まで、いろいろと楽しめそうです。

 

春の日差しを浴びながら、たくさん歩きました。

皆さまもぶらりと散策を楽しんでみてはいかがでしょうか?

遠出をしなくても、身近な場所から気軽に始めてみましょう♪


▲このページのトップへ