嬉しい菊の晴れ姿

2020年11月1日(日)

春先より丹精込めて育ててきた自慢の菊が、いよいよお披露目の日を迎えました。

朝早く、まずはビニールハウスの菊の姿です。

スックとのびた茎に、大輪の菊が開きました。

こちらは羽曳野市役所内の入り口付近に設けた展示会場です。

陳列作業に追われています。

自慢の菊たちの鉢植えが次々に並べられてゆきます。

菊が並べられた展示会場の様子がこちらです。

きっと市役所に訪れた皆さんの目を楽しませてくれることでしょう。

そしてもうひとつの会場、羽曳野市立陵南の森の玄関前です。

菊愛好家の喜びは、やはり育てた菊を大勢の人に見てもらうこと!

今年は新型コロナウィルス感染症の対策として、いつもの菊花展などは中止が相次いでいますが、こうして市民の皆さんの目に触れる場所に展示が出来てとても嬉しく思います。

お近くにお越しの際は、ぜひ自慢の菊をご覧になってください!

午後からは、またなかまの畑に戻り農作業に汗を流しました。

▲このページのトップへ